姫路愛和グループ

ABOUT部門紹介

看護部について

地域の課題に向き合い
来るべき未来へ備える

当院は一般病棟に加え、地域包括病床、療養病棟の機能を備えて、患者さまの早期の社会復帰や在宅復帰を支援している地域密着型のケアミックス病院です。

高齢化が進み、病院完結型から地域完結型にシフトしていく政策がとられていますが、いつの時代にあっても、患者さまやご家族の思いに寄り添い、真心のこもった看護・信頼される質の高い看護を提供することで、「外来」「病棟」「地域」へとつなぐ看護の実践に努めております。

ひとりひとりの
健康で安全な暮らしに寄り添って

看護師は医師をはじめ多くの専門職と協働しながら、チームで様々な健康レベルの方々を支援しています。そのため、知識や技術の習得、スキルアップが欠かせませんので、院内勉強会や院外研修に積極的に参加できる教育制度を整備しています。

また、当院は、院内保育園や短時間勤務制度などを設けて仕事と家庭の両立を大切にするワークライフバランスが充実していますので、大変働きやすい環境にあります。

さらに、姫路愛和グループでは、スケールメリットの創出を図るため、老人保健施設、特別養護老人ホーム、訪問看護ステーションなどの拠点を設けて事業規模を拡大していますから、看護職員の活躍の場は大変広く、働きがいも十分です。 ぜひ一度、見学にお越し下さい。

看護部 目標

1
思いやりのある看護を実践する
  • - 教育体制の充実を図る
  • - チーム医療を推進する
2
コミュニケーションカを高める
  • - 報告・連絡・相談をしっかり行う
  • - 自己研鎖を行う

院内勉強会内容

  • 解剖生理とフィジカルアセスメント
  • 入院患者に多く見られる疾患と看護
  • 医師による専門分野の講義
  • スタッフが学びたい興味がある分野
外来

診療科は主に内科・外科・呼吸器・整形外科です。また、特殊外来として2019年2月からもの忘れ外来、2020年4月から禁煙外来を開設いたしました。内視鏡部門では、上部消化管内視鏡が年間約2,000件、下部消化管内視鏡が年間約100件の取り扱い実績があります。

一方、通院が困難な患者さまには、医師と看護師が定期的に診療にお伺いし、計画的に治療・看護・健康管理などを行っております。

3階 一般病棟

一般病棟は、内科・外科・整形外科などの急性期疾患の治療や回復を目的とした病棟で、看護職員の配置基準を「13:1」としています。患者さまの多くは、急性期病院からの転院のほかグループ施設や在宅からの入院です。内科系疾患や脳梗塞の後遺症、肺炎、心不全の患者さまが多く、特にターミナル期の患者さまには心のケアや家族支援を行っています。

また、地域連携の強化を図って、近隣のクリニックで整形外科の手術をされた患者さまを受け入れし、早期に社会復帰できますようリハビリテーションの充実にも努めております。

4階 療養病棟

療養病棟は、急性期医療の治療を終えて症状が安定しても、引き続き医療必要度が高く(中心静脈栄養や酸素療法、喀痰吸引、気管切開、褥瘡など)療養が継続的に必要だと判断された患者さまを対象にご利用いただく病棟です。看護配置基準は、「20:1」としています。

また、リハビリや退院に向けた準備が必要な患者さまもおられますので、「多職種協働」で在宅復帰に向けた支援も行っています。「当院の療養病棟に入院してよかった」と患者さま・ご家族さまに思っていただけるよう一人一人を大切にした看護・介護を提供していきます。